FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真数千手観音その12 多摩の清鏡寺

東国は多摩地区に真数千手観音がいらっしゃるという情報は早くから聞いていましたが
なかなか静岡浜松からは遠く、機会が作れないでいました。
ところが多摩市にある多摩美術大学美術館で出身地に近い兵庫県加東市の文化財調査
報告の特別展 「神仏人 心願の地」なるマニアックな催しがあると知り、合わせて訪問する
ことができました。
清鏡寺は多摩モノレールの大塚・帝京大学駅から徒歩10分ほどのところにあります。
地図を見ると帝京大学のキャンバスの一角にあるような感じです。
清鏡寺1
都重宝 御手観音の看板があります。
背後には帝京大学の大きな建物があり、お寺の入り口はひっそりとした感じです。
清鏡寺2
御手観音とは不思議な名前ですが、意味はのちほど説明を受け判明しました。
清鏡寺3
本堂は明治初期の再建のようですが重厚な造りです。
よく見ると屋根や唐破風のところにミツウロコの紋が見えます。
清鏡寺4
もともとは八王子城主だった北條氏照が再興した観音堂が元で明治の再建時も北條家の家紋をつけた
ようです。
清鏡寺5
美しい草花が描かれた天井絵
清鏡寺6
欄間彫刻も迫力があります。
清鏡寺8
立派な厨子には本尊の千手観音
両脇に不動明王、毘沙門天の三尊形式
今は曹洞宗であるが元々は天台宗などの密教寺院に伝わったことが分かります。
清鏡寺9
優しい表情の不動明王
清鏡寺10
こちらは毘沙門天像
しかし本尊の千手観音は新しくどう見てもお前立
では御本尊の真数千手観音はいずこに・・・
清鏡寺11
なんと本堂右奥に巨大な金庫が!!
お目当ての千手観音様はこの奥にいらっしゃるのです!
金庫の中、ガラスケースに入った二体の観音様
清鏡寺12
おー!!美しい観音様
こちらが都重宝(都指定文化財)の木造十一面観音立像は平安後期から鎌倉初期に造られたもので
明治の廃仏毀釈の折に近くのお寺から迎えたいわゆる客仏です。
像高は91.5㎝、近世の漆箔で新しく見えますが、衣文の彫りなどに古様を感じます。
清鏡寺13
さてお目当ての千手観音様は十一面観音立像の左隣にいらっしゃいました。
清鏡寺14
像高は30㎝くらいであろうか、小さなお像である。
ガラス越しで目が慣れるまで時間がかかりますが
清鏡寺15
よく見ると無数の脇手が後ろに長く続いています!!
清鏡寺16
副住職様のお話によると実際、数えた人がいるらしく
その数は980本ほどだったとのことだ。
元々は1,000本あったのだろう。
これほどの小柄なお像に1,000本近くの手があるとは
まさに驚きです。
当然、真数千手認定です。(真数千手学会:笑)
江戸時代のものですが、その強烈な脇手を拝むだけでも十分な感動が
ありますので、関東圏の方は是非お参りされることをお勧めします。
基本は秘仏ですが都合があえば開帳していただけます。
但し、事前連絡で許可を得る必要があります。拝観志納。
清鏡寺17
帰りの参道にもすてきな六観音の石仏がいらっしゃいます。
清鏡寺18
今回は当初一人だけで訪問の予定でしたが仏縁あり5人になり共に感動を分け合うことが
できて素晴らしい見仏となりました。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。