スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和歌山有田川流域の仏像 その2

平成29年1月21日から和歌山県立博物館で開催されている企画展
有田川中流域の仏教文化-安楽寺多宝小塔修理完成記念の報告第二段です。

法福寺の仏像群
平安仏が33体ゴロゴロ発見!!
34-7
観音菩薩立像 113.0cm 平安時代10世紀 町指定重文
宝冠を着けた観音菩薩像
一木で内刳を施していないので重量感を感じます。
堂鳴海山に所在した古代寺院の本尊像の可能性がある。
34-6

35-3
地蔵菩薩立像 98.9cm 平安時代10世紀 町指定重文
こちらも一木で内刳を施していない。
前に出した右手先も体部と同木で、錫杖を持つ地蔵菩薩の早い時期の作例
35-6

36-2
吉祥天立像 73.8cm 平安時代9~10世紀 町指定重文
手に鍵を持つのは本来は辨財天だがお寺では吉祥天として伝わる。
宝珠を持っているので吉祥天としては間違いではないそうです。
両袖に表された渦巻文様が立体的でがっしりとして重々しい。
36-4

36-6

36-8

37-3
虚空蔵菩薩立像 84.9cm 平安時代10~11世紀 町指定重文
現在は虚空蔵菩薩として伝わるが着衣形式は天部のものなのでもともとは吉祥天や
梵天であったと推察される
37-5

38-2
二天立像 85.9cm(増長天) 84.4cm(持国天) 平安時代11世紀 町指定重文
38-5

38-3
鉈彫りで粗く作った邪鬼も造像当初のものと見られ貴重である。
38-9

38-8

39-3
地蔵菩薩立像 98.9cm 平安時代11世紀 町指定重文
右肩を出して、その手で右袖をつかんでいる珍しい姿の地蔵菩薩像
39-5

40-2
千手観音立像 97.5cm 平安時代11世紀 町指定重文(パネル展示)
41-3
菩薩形立像 89.4cm 平安時代11~12世紀 町指定重文
41-4

42-2
毘沙門天立像 84.7cm 平安時代11~12世紀 町指定重文
頭上の兜に目と鼻が表されています。
九州地方に類例が見られるものです。
42-5

42-9

43-3
広目天立像 室町時代 町指定重文
43-5

43-8

44-2
阿弥陀如来及び二十五菩薩像 平安・鎌倉・江戸時代 県指定文化財
平安時代の二十五菩薩が現存しているのは国内でも3例しかないとのこと。
京都の泉涌寺即成院、岩手の松川薬師堂があるぐらいで即成院は15体は江戸時代の補作、
松川薬師堂はすべて破損し断片のみ残っている。平安時代の菩薩像が18体も残っている
宝福寺は相当、貴重なものであることがわかる。
44-5

44-6

44-7

44-9
今回はその中から2体、大威徳王菩薩立像、金剛菩薩坐像が出展されている。
44-15

45-2
阿弥陀如来坐像 61.4cm 平安時代12世紀 町指定重文 (パネル展示)
本堂に安置されている本尊像
46-7
二天立像  65.8cm(増長天)68.5cm(多聞天)平安時代12世紀
46-9

46-12
これほどまでの味のある表情の平安仏はそういないと思います。
時間をたっぷりかけ、博物館でお会いされることをお薦めします。
是非、和歌山県立博物館の有田川流域の仏像に会いに行ってください。
期間は3月5日までです。
なんとすべて撮影可能という仏像写真ファンには嬉しすぎる博物館です。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。