FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐阜の仏像 三田洞弘法の両頭愛染明王

岐阜市内から北へ5キロくらい北上したところにある高野山真言宗の法華寺を訪ねた。
一般的には三田洞(みたぼら)弘法さんとして親しまれている。
今回のお目当ては両頭愛染明王さん
異形好きにはたまらない明王様です。
1.jpg
山号は霊鷲山(りょうじゅせん)、まさにお釈迦様がインドで法華経を説いたといわれる山の
名をいただく名刹である。
ちょうど紅葉がきれいな時期でよかった。
2.jpg
この石仏もいい感じ。
この方はなんという仏さまなのだろう?
台座の蓮弁おあたりに馬とかいてある。ということは馬頭観音か?
3.jpg
紅葉のトンネルを抜ける。いい気分
4.jpg
朱塗りの山門
5.jpg
立派な池庭の奥に本堂があります。
6.jpg
本堂外陣の天井絵
7.jpg
中にご本尊の阿弥陀如来さまを祀る厨子がある。秘仏のようだ。
7-2阿弥陀如来立像
こちらが本尊の阿弥陀如来立像、岐阜市の重要文化財に指定されている。
8.jpg
本堂からの景色
9.jpg
ついにお目当ての不動堂についた。
10.jpg
中は護摩修業されているらしい。
副住職様にお願いして昇殿の許可をいただいた。
中央に御厨子があり、その右側にお目当ての方がいらっしゃる!
11.jpg
まずは左側にいらっしゃるお不動様
ちょっと大阪のおばちゃん(失礼)みたいな髪型が微笑ましい。
12.jpg
ついに両頭愛染明王さまにお会い出来た!!
まさに異形中の異形!!
13.jpg
像の高さは36cmと小さいが、やはり両頭のせいか迫力がある。
江戸時代の作で岐阜市の重要文化財に指定されている。
両頭愛染明王は絵ではそれなりに残っているようですが彫刻としては、かなり珍しいのでは?
高野山にもあるようです。
14.jpg
左側は頭髪がさかだっている。
説明書によると左側が主になるそうだ。
15.jpg
こちらは右側のお顔
16.jpg
境内の石仏さんたち
17.jpg

18.jpg
古さを感じる立派な宝篋印塔
19.jpg

20.jpg
予約すれば精進料理がいただけるようだ
21.jpg
お寺に飼われているにゃんこ、すこし気ままだった
22.jpg
すぐとなりにある公共の日帰り入浴施設。
ネーミングがいい。
鉄泉(茶褐色)と通常の温泉の2種があるようです。
少し中を覗くとおばちゃんパラダイスになっていた。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。