FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋市博物館 禅の心とかたち 總持寺の至宝

横浜鶴見の曹洞宗の二大本山である總持寺の至宝の特別展にでかけた。
とにかく予想以上の内容だった。
曹洞宗や禅について学べる内容でした。
總持寺
ちなみに右端の托鉢僧は首が無いのではなく写真撮影用
20161026195029-0001.jpg
案内用のリーフレット
こちらはメインの絵で明治に鈴木松年という画家(弟子に上村松園)が描いた
不倒達磨図屏風
何故か蔵王権現
それと眠い時に叩いてもらう棒(警策)
20161026195029-0002.jpg
左の御坊さまは開祖の瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)禅師の像で石川県の永光寺
より寺外初公開とのこと(鎌倉 県重文)
右から2番目はお釈迦様で總持寺横浜移転当初の本尊(中国清時代か)

以下、気になった仏像のご紹介
總持寺1
總持寺が元々あったところ總持寺祖院の観音菩薩坐像(鎌倉から南北朝 市重文)像高30.7cm
院派仏師の作らしいがお顔も都風で、光背の透かしがとにかく美しかった。
總持寺2
鎌倉大船の大船観音の観音菩薩立像( 平安 市重文)像高81.8cm
通常は秘仏で境内の慈光堂に安置されている。
總持寺3
かわいかったのがコレ
10cmないような小像で迦陵頻伽といい人間と鳥が合体したものらしい
とても愛らしい姿であった
總持寺6
蔵王権現立像(平安)像高171.8cm
まったく禅宗とは関わりがないがけっこうメイン扱いされている。ちょっぴり客寄せ?
明治から大正にかけて活躍された実業家、村井吉兵衛さんから總持寺に寄付されたもので
由来は分からないという。
迫力のあるお姿でどこかの修験道のお寺に祀られていたのだろうろ。
總持寺7
今回のゲットアイテム
図録とクリアファイル(曹洞宗お坊さん基本セット)それにしても渋い

東京国立博物館の禅宗の特別展にはいけそうにないので、ここに来たが
予想以上の良さに感動した。
總持寺は仕事でも付き合いがあって新しいイメージしかなかったがさすがに
大本山、脱帽です。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。