スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡の仏像 応賀寺の秘仏本尊薬師如来坐像御開帳

應賀寺は浜名湖畔、旧新居町にある高野山真言宗の古刹です。
毎年11月3日の本尊、薬師如来の御開帳と収蔵庫の諸仏にお会いするためにでかけた。
DSC_0182.jpg
こちらは浜名湖七福神霊場のもなっている。(恵比寿神を祀る)
DSC07151.jpg
山門
神亀年間(724~)行基菩薩により聖武天皇の勅願寺として開創されたようです。
應賀寺という珍しい名前は「喜びに応じる寺」というところから来ているとのこと。
DSC07152.jpg
11月3日お薬師さま大祭の看板があがっている。
DSC07165.jpg
境内では地元の主婦が振る舞いの準備をしていた。
DSC07153.jpg
本堂 五色の仏旗が美しく掲げられていた。
DSC07155.jpg
宝物館内の諸仏 写真は許可を得て撮影
DSC07162.jpg
阿弥陀如来坐像(県重文)非常に美しいお像です。
像高123.2cm 平安期の穏やかな様式です。
DSC07163.jpg
透かし彫りの光背が美しい
DSC07157.jpg
毘沙門天立像(鎌倉・県重文)像高67.8cm
DSC07160.jpg
均整のとれたお姿
DSC07158.jpg
邪鬼もしっかり踏まれています。
DSC07164.jpg
弘法大師座像(桃山・町重文)
DSC07154.jpg
美しく荘厳された本堂でお昼の12時過ぎに住職様の読経が始まり、御開帳の機会を体験することができた。
その後、御扉が開き、秘仏の薬師如来坐像(鎌倉中期・県重文)をまじかに拝することができた。
90cmくらいの小像であるが実に大きく森厳さを感じるお姿であった。(全高は145cm)
薬師如来
画像資料:パンフレットより
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。