スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡の仏像 可睡斎 別伝三尺坊大権現御開帳

可睡斎は静岡県袋井市にある曹洞宗の専門道場です。
変わった名前の由来は時の将軍、徳川家康公を前に居眠りした住職に対して愛情を持って
名付けたそうです。もともと家康公が若い頃に先生として教えていた関係だそうです。
kasui1.jpg
あちらこちらに三つ葉葵の御紋があります。
kasui2.jpg
石段には今回の御開帳の幟が案内してくれます。
kasui3.jpg
正面は本堂です。
kasui4.jpg
御開帳用ポスター 光で御尊顔が見えない
kasui5.jpg
前回の御開帳ポスター
kasui6.jpg
お寺にあった秋葉三尺坊さまのお姿
kasui7.jpg
秋葉三尺坊さまを祀る御真殿に向かう参道の両脇にいる大天狗
kasui8.jpg
そして鳥(からす)天狗
kasui9.jpg
こちらが御真殿、こちらに三尺坊さまがいらっしゃいます。
別伝三尺坊大権現さまにお目にかかるにあたり、僧侶の方から白い折り曲げた紙をもらい
唇で挟むよう指示を受けた。
その後、三尺坊大権現さまにお目にかかった。お姿は小さめで、思っていたより
怖いお顔ではなく、親しみやすいお顔であった。
紙を口に挟むのは息がかからないための配慮だが、秘仏拝観では初めての経験であった。
kasui10.jpg
もう一つ、このお寺で有名なのがコレ
日本一緊張するトイレ
kasui11.jpg
トイレは禅宗では東司といい修行の場所です。
ん〜トイレも気楽にできないのか…
kasui12.jpg
トイレの中に仏さまが…
kasui13.jpg
こちらが有名な高村光雲さんが彫られたウスサマ明王
中央で我々を見張っているのか?下半身の不浄を焼き尽くすとか…
音を立てないのも修行のうちか…確かにマナーである。
kasui14.jpg
やはりいらっしゃった韋駄天さん、禅宗ではスピードが大事
隣は誰だ、荒神さん?
kasui15.jpg
かわいい魚板
kasui16.jpg
こちらは有名な典座さんが作る精進料理が人気
kasui17.jpg
せっかくなので、おいしくいただく
食べることも、もちろん修行
でも一番楽しい修行なのでは?
kasui18.png
kasui19.jpg
こちらは御開帳記念としていただいた散華
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。