愛知の仏像 金蓮寺弥陀堂

金蓮寺(こんれんじ)は吉良上野介で有名な吉良町(現西尾市)にある。
ここで有名なのはなんといっても国宝の弥陀堂(みだどう)
源頼朝の命により三河守護の安達盛長(あだちもりなが)が建てた「三河七御堂」の一つで
文治二年(1186)に創建されたと伝えています。
DSC_0890.jpg檜皮葺が美しい
DSC_0891.jpg
こじんまりとしたお堂ですが屋根のカーブ(反り)がとても美しい
DSC_0895.jpg
鎌倉中期(国宝)現存する東海地方最古の建築物です。
小規模ながら洗練された平安時代の住宅風の様式が高く評価されての指定とのこと。
DSC_0889.jpg
昭和28年の解体修理前の弥陀堂、瓦葺きになっていたが元々の檜皮葺の復元された。
DSC03862.jpg
内部は折り上げ式格天井になっており曲線が大変美しい
DSC03861.jpg
内部は薄暗い。
少しずつ目が慣れてきた。
DSC_0901.jpg
木造阿弥陀如来及び両脇侍像(県重文)
DSC_0898.jpg
来迎院を結ぶ阿弥陀如来座像(県重文)
DSC_0900.jpg
勢至菩薩像(県重文)
DSC_0902.jpg
来迎スタイルがいい
DSC_0903.jpg
観音菩薩像(県重文)
DSC_0905.jpg
観音菩薩像
DSC_0904.jpg
腰の曲げ方がとてもいい
DSC_0913.jpg
ご住職によると元々の弥陀堂が源頼朝によることから、仏像も運慶が彫ったものではと期待したがどうも
違うという判断がされてがっかりしたという。
自分が見る限りは慶派の流れを組む仏師の作としても十分納得できる美しい仏さまであった。
IMG_20161028_194305.jpg
とっても素敵なご住職自筆の御朱印をいただく。
国宝みだ堂と書いてある阿弥陀様のお姿になってる。
見仏記朱印帳(笑)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。